内開き・内倒し窓 (ドレーキップ窓)

内開き・内倒し窓(ドレーキップ窓)

1940年代 西ドイツで発明され、ドイツで最もポピュラーな窓です。
一つの窓で内開きも、内倒しもできます。

特徴

1つのレバー操作で、内開きと内倒しの2つの機能を持つ窓です。
高気密・断熱・水密・防音機能を備えています。
自然換気の内倒し状態でも外部操作ができない高防犯性能を誇ります。

内開き・内倒し窓(ドレーキップ)

省エネ建材等級4つ星

性能表

気密水密耐風圧遮音断熱熱貫流率
A-4W-5S-7T-3H-51.81W/㎡K

※防火認定・・・出願中

金物保証範囲
内開き・内倒し
(ドレーキップ)
最大高さ2400㎜ 最大幅1600 最大建具重量130Kg